チラシデザインをしていくにあたって、忘れてはいけないことがあります。

結局のところチラシとは「買ってもううため」の誘導ツールだということです。

どんなにキレイなチラシでも、どんなにカワいいチラシでも、チラシを見たお客さんが購入するなどの目的に至らなければ、決して良いチラシとは言えませんね。

 

広告の世界も同じ。
賞を取るような、目立ち、業界で評判になる広告があります。
が、そういう広告は、専門家の間で話題にこそなるモノの、実際に商品を売ることにあまり貢献していないケースも珍しくありません。

 

これをチラシに置き換えてみると、いくらデザインを工夫し、画像を厳選 し、インパク卜のあるチラシを作っても、一瞬、見てはもらえたとしてもそこでおしまい。
店に行って買ったり、売り場で手に取ってくれることとは別物なんですね。

テレビCMを見て店に行き、売り場まで足を運び、テレビで見た商品が陳列してあるにも関わらず、結局、そばに積んであった別の商品を買ってしまう!というケースもあります。

 

だからこそ、チラシには売り場との連動性が必要です。
別の言い方をすると、チラシを見てくれ、興昧を覚えてくれた人が、最後までキチンと購入してくれる流れが必要です。
店名、住所はもちろんのこと、売り場の表示、もし売り場がわからなかった場合の店員への質問の仕方まで、きめ細かく教えてあげないとお客さんはわからない。
1ヵ所でもつまずくと、お客さんは「もういい」となってしまいます。

チラシデザインをする際は、お客様の気持ち、つまり「このチラシを見たお客様はどう思うか」というのを考えながら作るということを忘れてはいけません。