人の心を弓矢でビビッとさせて相思相愛にする恋のキューピッド。実は良いチラシとは、そのキューピッドの役割を果たすモノな んです。
つまり、商売というのは、思いのこもった商品ーサービスと、それを心から求めている人の出会いがベストなんです。
例えば、ネイルサロンで「仕事や家事でネイルができないなら、足にすればいいじゃない」というコピーを使うと「ネイルでおしゃれをしたいけど手は状況的にできない」という悩みに応えた好例ですね。
「これしかなかったから」とか、「とにかく安ければいいや」といった、妥協の産物では、商品サービスも、そして受け取ったお客さんもハッピーに はなれませんね。だからこそ、CMVという“矢”を使 って、理想のお見合いを成立させてあげなくてはいけないわけです。 これがチラシの役割であり、その役割を果たすチラシを、「キューピッドチラシ」と呼ぶわけです。
CVMという“矢”で 理想の出会いを生み出しましょう!