喧騒の中でも自分と関連する言葉には注意し、気づいてしまう心理学的効果です。
人は、自分に関係ある情報や刺激にアンテナを張っています。だから、ガヤガヤとうるさい環境でも、「あれ、気になる話をしてるな」とか、 「あ、大好きなシンガーの歌だ」などと気づいてしまうわけです。もちろんこれは、ぼんやりとした、当たり障りのない内容では気づいてもらえません。
ターゲットを絞り込み、絞ったそのターゲットに向けて、キーワードを交え、ピシッと発信する。そうすることで、届くのです。
お客さんが気になっている、いつもどこかで気にしている言葉= キーワードはそのまま CVMになります。 要はアンテナに引っかかるのです。そのキーワードを適切に使うことがポイン卜です。
例えば、投資を学びたいけどそのためのお金がない、一緒に学ぶ人がほしいと悩んでいる人には、次のようなチラシだと効果が期待できます。
「あなたがもし、どうしても参加したい2万円の投資勉強会への参加を、金額であきらめているなら……。その悩みを今すぐ、解消できる方法があります。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です